中学受験偏差値は満点でなくていい

中学受験に必要な塾や家庭教師のテスト。塾では毎日のようにテストが行われています。授業中に行われる小テスト、実際の過去問を解く模擬試験。学力の浸透具合を図るクラス分けテスト。毎日のようにテストが行われ、テストがない日が珍しいくらいです。そんな塾のテストは満点がなかなか取れません。あんなに勉強したのに、自分の学力や偏差値では塾のテストを超えることはできないのか。そんな不安の声が聞こえます。

しかし、塾のテストは満点を取る必要はありません。学校のテストは最低限の知識や思考力が求められるので満点を取れる場合があります。しかし、進学塾・学習塾では中学受験合格を掲げ、様々なテストを実施しています。生徒の実力を把握するためにも難しい問題が何問も組み込まれています。満点を取るのはとても難しいのです。

テストで重要なのは満点と取ることではなく、本人の学習や偏差値の積み残しがどれくらいあるかを塾講師や家庭教師が知る工程に過ぎません。最終的な目標は中学受験合格です。学力や偏差値を上げ、合格に近づくにはテストの結果を復習し、自分に取り入れるしかありません。塾のテストでは満点を取れないのは当たり前と思って挑みましょう。