中学受験偏差値は先生の手腕

中学受験合格に必要な偏差値を子供が身に付けるには塾講師や家庭教師の手腕が求められます。『友達に誘われたから』、『親に勧められたから』などいろいろな理由で中学受験を志しますが、子供は本来的に勉強が好きという考えはありません。勉強しないで済むなら遊んでいたいのが小学生くらいの子供の考えです。なぜ、今自分が中学受験で頑張らなければいけないのか。それを教えてあげる先生の役割が存在します。

子供達自身でその意味を気づかなければなりませんが、塾講師や家庭教師はそのきっかけを授業の中で作り出さなければいけません。好奇心を刺激し、塾生やライバルとの競争を生み出し、子供のやる気を引き出します。それによって勉強すること、考えることが楽しくなる。これが中学受験合格と偏差値アップに必要な事です。中学受験合格には暗記だけではなく、考える力が必要だからです。

塾講師と家庭教師の仕事は教えることではありません。勉強を教えるだけで済むなら学校の授業で十分です。塾講師と家庭教師に求められるのは教えるだけでなく、合格させる力になります。合格と偏差値アップを求めるなら、こうした先生がいる塾や家庭教師を探しましょう。それが合格への大事なステップに繋がります。