中学受験偏差値は3者の関係

中学受験を志している人にとって塾や家庭教師にお願いする事が多いでしょう。保護者によっては塾や家庭教師に全てをお願いして、何もしない人がいます。残念ながらこうした家庭環境で中学受験がうまくいく可能性は低くなってしまいます。中学受験に必要なのは保護者と塾・家庭教師のパイプの太さです。今の学校は保護者と教師の関係が薄くなっています。だからこそ中学受験では塾や家庭教師の先生との連携が求められます。

保護者と塾・家庭教師のパイプがしっかりしていれば、いつもと様子が違うことに気付きすぐお互いに報告しあうことが可能です。勉強で悩んでいるかもしれないですし、友人関係、恋愛の悩みがあるかもしれません。ここでコミュニケーションをとることで子供を傷つけ、さらにやる気を失わせる行為を防ぐことができます。子供のやる気をそぐ事は徹底的に避けなければなりません。

中学受験の合格や偏差値アップは子供だけ、塾・家庭教師だけの問題ではありません。子供と保護者、塾・家庭教師の先生の3者の関係が成り立ち、お互いに連携して取り組む一代プロジェクトと言えるでしょう。塾によっては事務的な対応をする場所がありますが、これは本来の姿ではありません。きちんとした関係が出せる塾を選びたいですね。