中学受験偏差値は頭脳の使い方

中学受験偏差値アップを考えるなら、中学受験に必要な頭脳の使い方を考えなければいけません。暗記する知識量よりいかに物事を深く考え、理解し、表現するかが中学受験では求められます。教科書の内容を丸暗記しても中学受験では何も役に立ちません。物事を考える力が問われる中学受験では、理解量を深め、多角的に、多面的に考え、想像する力が必要になってきます。

そもそも中学受験に必要な知識量は小学校の勉強する全ての範囲を超え、多種多様になります。こうした知識を詰め込み、理解するのは大人でも限界があります。成長過程で物事を理解しやすいといわれている小学生でも限界はあるでしょう。それよりも意味もなく丸暗記するより、これまで自分が経験した問題と関連づけて解答法を思いつくほうがまだ理解しやすいでしょう。

いろいろな角度で物事を考える力を身に付けられると、勉強は単純に知識を増やす作業ではなくなります。勉強の本質は物事を理解し、しくみを考える力だと勉強している子供自身が気づくようになるのです。試行錯誤を繰り返し、自分なりの考えを纏めることが中学受験では必要になってきます。偏差値はこれに並行し、テストの結果と同時に上昇していくのです。