難関中学受験で問われる偏差値

難しい難関中学の問題。難関中学と言われる学校は受験生にどんな内容や偏差値を求めているのでしょうか?普通に小学校で習う内容とは違った受験問題。これらは普通に小学校に通っているだけで身に付くことはないでしょう。難関中学が受験生に求めているもの。それは物事を考える力です。大人顔負けの受験問題ですが、特殊な開放や知識が必要でなく、基本的な問題を身に付け、どう組み替えていくかが重要になります。

中学受験は暗記科目ではなく、暗記や基本的な例題をきちんと身に付け、それらの知識やテクニックをどう応用するかに掛かってきます。暗記した情報量で勝負する問題は難関中学の入試問題ではほとんど出題されません。基本的な知識だけでなく、本質を知り、理解する姿勢が中学入試では求められます。

算数や国語はもちろん、一般的に暗記科目と言われている社会や理科も物事を考える知識が必要です。歴史上の人物や自然現象の単語だけでなく、それらが歴史や化学の世界にどういう影響を与えたのか?事象の背景を求める問題を難関中学を始めとする中学受験では求めていきます。中学受験の偏差値を上げるには、この基盤を理解しなければいけません。しっかりと勉強しておきましょう。