学校選びが中学受験の偏差値に響く

どんなに意欲の高い子供であっても、行きたくない学校のために勉強したくはありません。自分が行きたい学校ではなく、親が決め付けた行きたくない学校に無理やり中学受験させても学習意欲は上がらず、偏差値という数字に反映はされないでしょう。偏差値が下がる可能性はありますが、上がる可能性はない。子供にとって意欲はそれだけ重要な原動力になります。

子供にあった学校を絞り込むのは親ですが、最終的にその学校を目指すかどうかは子供が決めます。子供の気持ちを尊重するために、親は子供が自分の行ってほしい学校に進学するきっかけを作ってあげる必要があります。学校説明会に参加したり、文化祭など外部の人間が入れる行事を親が行かせたい学校で行っていれば積極的に参加させましょう。

子供自身が行きたい気持ちを持てば、なんであれ成功です。制服が気に入ったでも先輩がかっこよかったでも大丈夫です。重要なのは親の行って欲しい学校に子供が興味を示してくれたことです。もっとその学校を知れば、子供にしか分からない魅力を知ってくれるかもしれません。これは勉強が辛いときや偏差値の数字が伸びないときの原動力になるでしょう。本当に行きたい学校のために受験勉強をする。これが偏差値アップの鍵になります。