親が中学受験偏差値が必要か考える

子供にいい学校に行かせたい。その気持ちは子供を持つ両親なら皆が持っている気持ちです。子供にいい人生を歩んで欲しい。そのためには高い教育レベルのある学校を受験させたい。そう思って中学受験の偏差値をアップさせる必要もあるでしょう。しかし、考えて欲しいのは親が本当に子供を中学受験させたいのか。中途半端な気持ちで受験させるのは親子ともに不幸な結果になります。

中学受験の準備は小学校3年生から4年生の時期に行われます。それから塾に通い、受験の準備に追われる日々が始まります。遅くまで勉強をする子供を迎えに行くために正規雇用の仕事を続けるのが難しく、専業主婦やパートになる人もいるでしょう。それ以外にも塾の費用だけでトータル300万円以上が必要になり、その後の高校卒業までの学費もかなり高額になります。

単に周りが受験しているからと子供に理想を押し付けるのは簡単です。しかし、親も子供の同様に受験のために金銭や仕事の自由といった何かを犠牲にしなければなりません。そうしないと受験生である子供のサポートはできないでしょう。きちんと覚悟をきめないと子供をサポートできず、無理な要求をしてしまいます。これは子供の学習埴土や偏差値という数字に悪影響を与えるでしょう。