親の態度が中学受験偏差値の鍵

中学受験は親が子供に勧めて意識する場合が多いです。学校の仲のいい友達や所属しているグループが受験するようになり自分も塾に通いだす。そういう場合もありますが、親である両親に勧められた場合も多いでしょう。ほかの子供と差をつけなければと、自分が受験するかのように子供の尻を叩いている熱心な親御さんもいます。しかし、これは受験に失敗するパターンかもしれません。

どうして親御さんが熱心になりすぎると、子供の中学受験や偏差値のアップに悪影響を与えるのでしょうか?それは『●●しなければ合格しない』という考えをその親が持っているからです。受験対策に熱心な親御さんは子供に代わって、受験対策を行い、過度に干渉する傾向があります。子供の気持ちより自分が子供を合格させたい気持ちを優先してしまうのです。

子供は親の希望を受けているだけなので、自主性はそれほど高くありません。あの学校に行って勉強したい。その気持ちはその子供自身が持っているのではなく、過度な干渉をする親が持っている理想だからです。そうした気持ちは学習態度に出てきます。勉強が疎かになり、偏差値や点数という数字で確実に差が生まれます。子供の自主性を考える接し方が重要です。