中学受験偏差値に必要な事

入ってみたい私立中学。親御さんが子供に入学させたい一流大学の付属中学。その志望校に入学するために日々、勉強に励んでいる子供は多いでしょう。周りの人はあんなに勉強のできる学校を志すのだから、昔から勉強ができた優秀な子供をイメージしていると思います。しかし、中学受験を受ける子は皆が皆、昔から勉強ができたわけではありません。

中学受験に合格するためには、偏差値アップや学習法ばかりクローズアップされています。しかし、一番のポイントは学力以前の子供の持っている力になります。子供らしく明るく挨拶ができるか、同級生のクラスメイトや担任の先生と友好的な関係を築けるか、親や先生を信頼しているか、自分や他人を信じ、肯定することができる普通の子が中学受験では必要な一番の力です。

中学受験に限らず、受験に勝ち抜くには勉強ばかりしてネガティブになっている子供のイメージがあります。しかし、ライバルである同級生や塾や学校の先生ときちんとコミュニケーションと取り、素直に質問をしたり、答えたりする能力が求められます。良い事も嫌な事もきちんと受け入れ、受験のテクニックに反映していく。当たり前かもしれませんが、こういう普通の子であることが合格や偏差値アップに求められます。