中学受験社会の偏差値を上げる

中学受験では社会の勉強も必要になります。社会というと中学受験をしたことがない人は暗記科目のイメージが強いです。しかし、中学受験で必要になる算数はたんなる暗記科目だけではなく、社会的思考を問う難しい演習が必要になってきます。単語や用語を覚えるだけでなく、覚えた社会的単語を問題を解くときに考え、答えを導き出す演習力が中学受験の社会の勉強法で必要になります。

中学受験の社会は歴史・地理・公民の3つの分野から出題されます。中学受験の社会で偏差値を上げ、点数を稼ぐとなると単語を覚えるだけではなく、基礎的な内容を理解し、実践する力を養いましょう。用語の持つ因果関係を理解し、歴史・地理・公民の分野にどのように関わっているのか。それを知り、社会の勉強の楽しさを理解するところから中学受験の社会は始まります。

もちろん、これは基礎的な内容です。中学受験に合格するのであれば、それぞれの志望校に合った出題内容を理解し、答えを導き出す思考力を養う必要が出てきます。これは自主学習では難しいので、塾や家庭教師を活用し、中学受験に合った思考力を養うようにしていきましょう。新聞を読む習慣などを身に付け、自分から社会に関心を持つことも社会の偏差値アップに繋がります。