中学受験国語の偏差値を上げる

中学受験では算数の重要度が高いといわれていますが、それと同じくらい重要になってくるのが国語の正しい読解力です。国語の正しい読解力がなければ、算数の文章問題を解くことはできません。算数を例に挙げましたが、国語の読解力は他の教科を勉強するのにも必要になってきます。もちろん、国語自体も中学受験合格に必要になってくる科目なので集中して勉強する必要が出てきます。国語だからと軽視せず、時間をかけて取り組みましょう。

国語の勉強法が良く分からないという人も多いかもしれません。算数と比べて基礎問題演習を取り組めば、国語の読解力が鍛え上げられるわけではありません。国語の読解量に必要になってくるのは読書量です。読書量を多くすれば、国語の読解力を高め、ほかの教科の学力アップも期待できます。国語が苦手な子供の多くは本を読む習慣がありません。最初は好きな本でもいいので本を読む習慣を作ってあげるようにしましょう。

本を読む習慣が身に付けば、国語の読解力はかなり高まるでしょう。そしたら次のステップである問題を解くための読解力演習に取り掛かりましょう。問題を解くにはどうすればいいのか……それを見極める演習です。ただ文章を読むのではなく、正しい解答に近づくにはどうすればいいのか。それを考えながら、問題を解き、問題演習に充てます。この繰り返しが国語の読解力を高め、偏差値アップに繋がります。