どうすれば中学受験算数偏差値を

中学受験に必須となる算数の偏差値どうすれば算数の偏差値をアップし、中学受験を合格に導き出すことができるのでしょうか?その答えは計算にあります。算数を苦手に感じている子供の多くは計算が遅く、問題を解くのに時間がかかってしまいます。これは算数に限らず、中学受験全体の傾向として大きなディスアドバンテージになります。問題演習の速度が遅いとそれだけ総合的に解ける問題演習量が少なくなってしまうからです。

算数の偏差値を上げるには、1年間を目安に勉強を進めましょう。勉強を開始してすぐに偏差値が上がる生徒もいますが、基本的に1年ほど長い期間で考えないと、算数の偏差値を上げることはできません。最初は教科書の例題から入り、百ます計算などに移り、算数演習の計算スピードを上げていきましょう。計算に強くなることは、中学受験算数の偏差値アップに繋がり、とても効果的です。

算数の場合は文章問題も多く、国語の読解力の必要になります。将来学ぶ数学などに比べて、文章問題やパズルのような一癖ある問題が多い中学受験の算数。これを攻略するには、算数の計算に加え、国語の読解力も重要になってきます。計算ばかりに取り組むのではなく、本を読んだり、パズルを解いたりして国語の読解力と算数の計算力を補いましょう。