中学受験偏差値の基礎力はどれくらい

中学受験は小学校4年生の時期まで徹底的に基礎力の演習を行います。こうした対策は塾や家庭教師が行ってくれるので、親御さんや子供は彼らに任せ、ひたすら演習を行うのもいいでしょう。しかし、自分でどれくらいの勉強を行えばいいのか知っておくことも重要です。今回は中学受験の偏差値アップに必要になってくる基礎力がどれくらい必要なのか紹介していこうと思います。

中学受験では基礎力があるから解る問題がたくさんあります。難しそうな問題でも基礎力がしっかりできていれば、解説を聞き、問題の本質を理解できる。これが中学受験に必要なテクニックになります。多くの自主学習をしている家庭では成果を重視し、基礎力を疎かにしていますが、これは大きな間違いです。正しい勉強法は最初に基礎力を徹底的に鍛え、その上で応用問題を解くのです。

基礎を言っても、中学受験の基礎問題は学校の授業のような例題ばかりではありません。小学校のレベルでは難しい部類の問題をひたすら解かないといけません。それぞれの基礎問題の定着方法や問題は受験科目によって違いがあります。子供によって得意・不得意はあるでしょうが、教科書のレベルを少し上げた中学受験の基礎問題を行い、応用問題に備える時期に充てましょう。