中学受験の偏差値アップは基礎力に有り

難しいといわれる中学受験。それを合格に導くためには、基礎力を重点的に勉強しなければなりません。たしかに中学受験で主題される問題は難しく、大人でもなかなか解けないでしょう。しかし、基礎力がしっかりできていれば問題を理解し、最終的に合格を勝ち取ることが可能になります。ここで間違ってはいけないのは、基礎力が出来ていないのに過去問などの演習を行うことです。中学受験の偏差値アップの鍵は基礎力にあるのです。

中学受験は小学校3年生から4年生の時期にかけて、徹底的な基礎問題の演習を行います。基礎問題の定着を行うことで、小学5年生から始まる中学受験の過去問題演習などに備える時期を作らなければいけません。人によってはこの時期に基礎問題の演習を行わず、焦る人もいます。だからといって、過去問演習だけでは合格は難しく、基礎が出来ているから演習の意味が出来てくるのです。

中学受験の本質が分かっていない人は、レベルの合わない問題集で過去問に取り組む人がいます。そうした人はなかなかテストや模擬試験の点数が上がらず、思い悩むでしょう。そこには基礎力が足りない部分があることが指摘できます。そうならないように徹底的な基礎力演習の時間を取りましょう。